ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ボテロ美術館 | main | マニサレスで >>
2015.05.29 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.10 Tuesday

ボゴタでの毎日

4月26日 
今日は語学訓練の最終日。午前中は今までの内容の復習試験。内容が進むにつれ、スペイン語の動詞の変化の多さと難解な文法用語に四苦八苦。加えて高速のスペイン語に耳が慣れず、また口からスペイン語がなかなか出てこない。それでも同級のゆかりちゃんは随分上達し、結構喋るようになっている。年齢の壁は高い。それでもなんとか筆記試験は済ませ、リスニングも感が冴えた。昼からは解説と卒業祝いの食事会に参加。明朝一番の飛行機でようやくマニサレスに行くことになった。考えたら、応募してからほぼ1年がたっている。
ボゴタ語学学校
我々のクラス担当のダニエルと記念撮影

4月22日
休みなので植物園に行くことにした。タクシーで15分、400円位のところにあり、近くには運動公園などがあり、バレーボールの試合を楽しむ若者が道から見える。60歳以上は無料とのことで、ちょっと得した気分。年をとるのもまんざら悪いことばかりではない。日本の植物園に比べ植物の育ちがよく、野鳥も多い。案内板が見当たらず、地図も置いていなくて困っていたら、
女学生が立っていて、行く方向を指示してくれる。ぶらぶら歩いていくと、同じような若者が温室の入り口や薬草園に立っていて、見学者に挨拶する。聞いてみたら、高校生(?)が奉仕活動で日曜日に案内をしているとのこと。挨拶もきちんとするし、聞いたことには僕らにわかるようにゆっくりと喋ってくれ、随分助かった。初めてみるような樹木や美しい野鳥もいて、楽しい散策だった。点検せずに持ってきたカメラの電池が切れていて、写真を載せられないのが残念。

4月20日 遠足
17日の火曜日に語学学校の日本人クラス(JICA関係の5人と先生3人)で空港横にある飛行機博物館に遠足に行った。係員のスペイン語の説明を理解することと、スペイン語での質問の練習が大事な課題になっている。5人の生徒は初めての軍関係の施設に入って、少し緊張気味だったが、教室の授業から解放されて結構楽しかった。コロンビアでは徴兵制がひかれていて、徴兵された若者は軍隊と警官に振り分けられるらしい。日曜日に繁華街やトランスミレニオの駅で、警備や案内にあたっている警官はどうも徴兵されてきた若者のようだ。日本の高校生ぐらいに見えるが、道を尋ねたら、親切でていねいに教えてくれる。携帯でぺちゃぺちゃ喋っているともあるが、りりしく可愛らしい。この空軍施設で学んでいる生徒は試験を受けて入学してきた生徒で、かなり優秀な生徒である。この国の徴兵制には抜け道があって、お金持ちの家の子息は軍隊に入らないことが多いらしい。多分お金を払うことで徴兵が免除されるらしい。コロンビアでのお金持ちの生活と貧しい人の生活では、全く異なる。貧しい家庭に生まれると、大学に行って学ぶのもかなり厳しく、良い仕事につくのも難しい。お金持ちは自分の子どもに高等教育を受けさせるのに熱心で、大学卒の経歴をもっていると銀行員、公務員などの良い仕事にありつくことができる。そんなゆがみも、なかなか治安が良くならず、過剰な警備に多額なお金をかけなければいけない一因になっている。
飛行博物館
係の人の丁寧な説明に聞き入る熱心な?生徒と先生
飛行機博物館で
空軍学校の生徒、人なつこくて可愛らしい

4月15日 モンセラーテの丘 
ボゴタの東側にあるモンセラーテの丘に連れて行ってもらうことになった。丘と言っても標高は3000mを超え、富士山の5合目ぐらいにあたるらしい。トランスミレニオの終点から、歩いて10分ぐらいのところにある駅から、ケーブルカーとロープウェイがでており、同じキップでどちらにも乗れるので、行きはケーブルで帰りはロープウェイで行くことにする。頂上には教会があり、ちょうどミサの最中であった。ミサが終わると同時に、手拍子とかけ声で大きな合唱が始まる。神父が大きな声で、歌を歌い、なかなか楽しそうである。教会のある広場から巨大なボゴタの巨大な都市を見下ろすことができる。こんな高い所にこの巨大な都市を築いたエネルギーに感心する。
モンセラーテの丘に向かう
丘の上の教会を目指して上ってくる人々

モンセラーテの丘からボゴタ
丘から見下ろしたボゴタ市 曇っていて、見晴らしが悪い

4月14日 日本料理とトントコ相撲
今日は土曜日で、カルタヘナ派遣の同期のゆかりちゃんのホームステイ先で、日本料理を作ってのパーティーをすることになった。メニューは肉ジャガ、焼き鳥、ほうれん草のおひたし、かぶらの酢の物それにだし巻きたまご。家主は歯医者さんのマダムクリスティーナで、長年JICAの隊員の受け入れをされ、日本のよき理解者である。総出で料理を作り、食事の後トントコ相撲で楽しんだ。医者の息子さんは大の日本びいきで少し日本語を話す。久しぶりの日本食と優しい家族と団欒の楽しい一晩になった。
料理
久しぶりの日本料理をみんなで調理する
日本料理
久しぶりの日本料理を楽しむ 
トントコ相撲
食後トントコ相撲で遊ぶ


4月13日 ボゴタのバス 語学学校は歩いて3、4キロあって普段は、車に気を使いながら40分程歩くが、4月に入り雨期になったのか雨が降ることが多く、そういうときはバスを利用する。バスのフロントガラスに書いてある表示を読んで、バスを捕まえるが、細かい所はわからないので、とにかく11か15の番号を持つバスが来たら、人差し指をあげて合図する。バス停はあるが、バス停でなくても合図があれば、バスは停まってくれる。前乗りで後ろ降りだが、客が乗ったらすぐ発車するので、乗ったら振り落とされないように、なにかにしがみついて乗車賃
1回1450ペソ(70円)を払う。たいがいワンマンで運転手は運転しながら、運賃を受け取り、それを数えてやはり運転しながらおつりをわたす。回数券も定期もなく、運転手は渋滞の中、運転と乗車賃の受け取りとおつりを同時にこなす。まさに神業。たいがい座れるくらいのすき具合だが、後部座席では睡眠薬をつかったスリにあうこともあるので、前の座席が安全らしい。目的地に近づいたら、後ろのドア近くにあるベルをならすが、おりる場所は道の込み具合では道の真ん中になることもあり、おりるのも命がけである。時には、バスの中に詩人や歌手が乗ってきて、即席のパフォーマンスをして、お金を受け取っていく。何回も乗るとこの無秩序で危険なバスにも慣れ、今日は何が起こるのかつい期待してしまう。
バス
オンセ通りを走るバス 朝10時 道の真ん中で客が降りた
(マリコ)
 バスは本数もルートも様々、乗り降りも自由となると、恐がりの私はなかなか乗るのに決断がつきません。日本のバスや電車の丁寧な案内が懐かしい。でも、歩くのも命がけです。交通量が多い上に信号はあってないが如し。道路を渡る時は、躊躇わず、止まらず、大急ぎで、と思うとバイクが突っ込んできたりと非常に危険です。
 私の語学学校1週間目が今日終わりました。コロンビア人のピラール先生にマンツーマンで教わってます。英語でスペイン語の授業をうけるという刺激的な日々です。朝は予習、学校でみっちり4時間、帰ってから寝るまで復習と、大学生に戻ったようなスペイン語づけの毎日です。しかし、寄る年波には勝てず、なかなか道のりは遠いです。

4月12日 ここボゴタで暮らして3週間になり、町を歩くのも随分慣れてきた。食べ物とバスやタクシー代は概ね日本に比べてかなり安いが、紙製品、郵便代はかなり高いし、不便だ。ハガキを送ろうと思っても、まず郵便局が見つからないので仕方なく美術館の絵はがきを買うと、一枚が200円する。日本に送るために、ポストを探しても見つからず、742という番号をもつ店が郵便物を取り扱うと聞き、2日間さんざん探しまわって1軒見つけ、出そうとしたら身分証明書を見せるように言われた。書類好きなコロンビアの例にもれず、絵はがきを送るのにも大げさな書類を書かねばならない。そして、送料がハガキ1枚で400円近くする。こんなにハガキの送料が高い国はしらない。コロンビアの人たちはインターネットが普及する前はどうしていたんだろうか?今日夕方、お肉の専門店で、焼豚を買った。まず入り口で順番を書いた紙を渡され、番号が呼ばれるのを気長に待つ。番号が呼ばれたら、注文をし、注文の内容の肉を皿に取り分けてもらい、それを値段係の所に持っていき、値段をつけてもらう。すると値段係が値段を書いた紙を渡してくれ、それを会計に持っていき、支払いをする。支払ったらレシートをくれるので、それを元の値段係のところにもっていくと。ようやく包みが手に入る。全ての店がこんなに手間がかかるわけではないが、ちょっといらっとする。日本の高速レジが懐かしい。

2015.05.29 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR