ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カルロスのこと | main | 訪問者 >>
2015.05.29 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.08.18 Sunday

ギョウザ作り

 8月17日 月曜日が聖母被昇天の日の繰り越しで祝日となり、三連休となった。雨が降りそうな天気だけに外出する気にもなれず、ギョウザ作りに挑戦する。皮は手に入らないが、便利なものでインターネットに、餃子の作り方がのサイトが見つかる。小麦粉をこねて寝かしておいたものから皮を作り、中身をつめたら簡単にできた。引き延ばすのに使う麺棒はないので、コップを使う。伸ばすときの打ち粉の量が難しい。少ないと皮がくっついてうまく延びないし、多すぎると後で皮がごわごわする。
皮作り
コップを使って
ギョウザの皮作り
でも次第に要領がわかってきて、なんとか2人前のギョウザが完成する。日本の中華料理やのギョウザに比べたら少し皮が厚いが、贅沢はいえない。次回はもう少しうすく皮を作ることにする。
ギョウザ完成
完成したギョウザ 左側は最初に作ったもの 右側は慣れて来て皮がうまく出来ている
完成したギョウザ
醤油、ごま油などは調達できる
学校の菜園に内緒で植えておいたニラが、アブラムシにやられたのがちょっと痛い。こちらにも、トウモロコシの粉を使って皮を使うエンパナダという料理がある。色は黄色っぽいので少し見た目は違うが、餃子の親戚の味がする。エンパナダは道ばたでひとつ500〜1000ペソ(25円から50円)で売られており、好物の一つだ。カミナタのマリアが毎回持参するのは特に美味しい。
今日は美味しいビールが飲めそうだ。
2015.05.29 Friday

スポンサーサイト

コメント
なかなかのモノじゃありませんか! ところで、お味の方は、如何でしたか?
  • masaru nakahara
  • 2013.08.20 Tuesday 02:10
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR